防災とベビーウェアリング

今日は9/1防災の日という事で、防災にちなんだ話題です。

旭川はその名の通り沢山の川が通る街で、川が大氾濫した歴史があると聞いた事がありますが、河川敷が整備されてからは広範囲に及ぶ災害は殆ど起こらなくなった様です。

ところが、今年の大雨では一部の地域が浸水するなどの被害も起こり、農作物への影響があったようで心が痛みます。

「災害というのは、忘れた頃にやってくる」というのは、本当ですね。

私自身も“いざという時”の事を、改めて考えさせられました。

また、赤ちゃんとの避難で語られることも多い、抱っこやおんぶ。

こんなものが便利だった、こんな風にすると良かったという経験に基づく情報をネットを通して色々知ることが出来る時代ですので、イメージもしやすいですね。また、よく言われる事ですが、避難グッズをまとめておくと必ず役立つと思われます。

先日、日本ベビーウェアリング協会の定期勉強会で「日本のおんぶ」について学ぶ機会がありました。この時講師を務められたのが、福島にお住まいで、あの大震災を経験された方たちだったのです。「逃げる時には、とにかく素早く逃げる事が1番大事。荷物なんてなくても、抱っこやおんぶも時間がかかるくらいなら素手でも構わないから急いで逃げる。抱っこ紐やおんぶ紐が役立つのは避難所生活だった。」と語られていたのが印象的でした。

非常時のベストな選択は、ケースバイケースだと思います。ですが、身をもって経験されている方達の言葉はとても重く、説得力がありました。

歩ける子どもだったとしても。抱っこやおんぶをすると、気持ちが落ち着きます。また、安全が確保出来ない場所を歩かなければならない時にも抱っこやおんぶは安心です。

長い布一枚、紐一本、他にも大人の洋服やアウター。慣れていれば、どれも子どもを簡単に抱っこおんぶする道具として使えます。

そんな物を1つ、防災バッグへ入れておくと便利かもしれません。自分一人でする自信は無くても、避難所では手伝ってもらえる人手がきっとあるはずです。

もちろん練習したり、日頃から出来ていたら1番ですが、そうでなくてもとりあえず「そういう事も出来る」と知っておく、用意しておくだけでも何かの時に役立つかもしれません。

防災の日ではなくても、こんな風にもしもの時をイメージする日がたまにあると良いのでしょうね。

最後になりましたが、今年の豪雨災害を始め、災害に見舞われ被災された皆様にお見舞いを申し上げます。一日も早くご復興されます事を心よりお祈り申し上げます。

また、旭川のわらべうたサークルにぎにぎでは、先日もしもの時のためのおんぶ(布や紐を使ったおんぶ)を練習したそうです。こんな風に、日頃の集まりで皆んなで練習できるのは良いですね。気になった方はにぎにぎのFacebookページを覗いてみてください。もちろん、相談室でもおんぶ練習のお手伝いもいたしますのでいつでもお声かけ下さい。