赤ちゃんを抱っこしよう!

抱っこに関する疑問をスッキリ‼︎ママに役立つ、安心・快適な抱っこのための情報を集めました

こんな風に抱っこしてみよう!

発行/日本ベビーウェアリング協会 http://bwdacco.com/free-download/

赤ちゃんの発達と抱っこ

赤ちゃんのからだと抱っこのお話

 準備中・・・

産後のママのからだと抱っこのお話

 準備中・・・

親子が快適な抱っこになると?

 準備中・・・

抱っこのギモン?Q&A

Q. 赤ちゃんは縦抱き、横抱きどっちが良いですか?

 まずは、抱っこする大人が安心できる方法で抱っこしてみましょう。どの抱き方をする時にも、首がすわる前の赤ちゃんは、頭がぐらぐら揺れてしまわないように優しく支えてください。どの月齢・抱き方でも、骨盤(お尻)の辺りと肩甲骨(肩)周辺を支えるように意識をすると安定しやすいです。赤ちゃんが足を伸ばしたままの姿勢は発育性股関節脱臼のリスクが高くなるので避けてください。(日本小児整形外科学会公開資料) また、同じ抱き方ばかりでなく色んな抱っこ、おんぶ、身体を使った遊びなど、赤ちゃんがバランス良く身体を使えるように工夫してあげるのも良いでしょう。また、抱っこする大人の手先や手首に力が入っていると、疲れやすくなることがあります。身体や腕など全身(体幹を使い)で赤ちゃんを支えられるとラクになるかもしれません。抱っこ紐使用時も同様、肩や腰に赤ちゃんの重みが集中してしまうと負担が大きくなります。素手で抱くような姿勢で、体重を分散させるように調節、使用するとお互い快適になりますよ。

Q.抱っこよりもおんぶが良いと聞いたのですが本当ですか?

どちらかが良い、悪いとは一概には言えないと思います。日本はおんぶで子育てをしてきた民族です。祖父母やそれより上の世代ではおんぶが一般的でした。今でも赤ちゃんが大きくなってくると、おんぶで家事をするお母さんやお父さん、おじいちゃんおばあちゃんがいます。おんぶが出来ると赤ちゃんの要求に応えながら家事や用事を済ませられる(抱っこも可能だけれど、大きくなるとちょっと大変)、おんぶされている赤ちゃんは大人の様子を観察したり動きを感じて学習できる、疲れたら眠ることができる。などのメリットがあります。とは言え、スキンシップ効果やコミュニケーション効果は抱っこおんぶどちらでも得られます。どちらも方法として、必要な時に選択できると育児が少しラクになると思います。覚えていて欲しいのは、抱っこ紐やおんぶ紐で赤ちゃんをおんぶする際は、月齢・体重が適正か確認することです。対象時期はメーカーやタイプによって大きく異なります。無理な使用は赤ちゃんの身体に負担をかけるだけでなく、思わぬ事故を招くことも考えられますので、使い始める前に確認してみてくださいね。

Q.抱っこ紐の抱っこは赤ちゃんの身体に良くない、と祖母に言われました。

Q.抱っこ紐を使うと足の裏(膝のうら辺り)が赤くなります。使わない方が良いですか?

Q.抱き癖がつくのが心配です。

Q.抱っこは必ずしなければならないですか?ベッドでよく寝てくれる赤ちゃんです。

Q.抱っこよりも遊びや自分で歩かせる方がよいですよね?

Q.前向き抱っこは赤ちゃんが喜ぶよ、とママ友からききました。沢山しても良いんですか?

Q.お勧めの抱っこ紐を教えてください!