防災とベビーウェアリング

今日は9/1防災の日という事で、防災にちなんだ話題です。

旭川はその名の通り沢山の川が通る街で、川が大氾濫した歴史があると聞いた事がありますが、河川敷が整備されてからは広範囲に及ぶ災害は殆ど起こらなくなった様です。

ところが、今年の大雨では一部の地域が浸水するなどの被害も起こり、農作物への影響があったようで心が痛みます。

「災害というのは、忘れた頃にやってくる」というのは、本当ですね。

私自身も“いざという時”の事を、改めて考えさせられました。

また、赤ちゃんとの避難で語られることも多い、抱っこやおんぶ。

こんなものが便利だった、こんな風にすると良かったという経験に基づく情報をネットを通して色々知ることが出来る時代ですので、イメージもしやすいですね。また、よく言われる事ですが、避難グッズをまとめておくと必ず役立つと思われます。

先日、日本ベビーウェアリング協会の定期勉強会で「日本のおんぶ」について学ぶ機会がありました。この時講師を務められたのが、福島にお住まいで、あの大震災を経験された方たちだったのです。「逃げる時には、とにかく素早く逃げる事が1番大事。荷物なんてなくても、抱っこやおんぶも時間がかかるくらいなら素手でも構わないから急いで逃げる。抱っこ紐やおんぶ紐が役立つのは避難所生活だった。」と語られていたのが印象的でした。

非常時のベストな選択は、ケースバイケースだと思います。ですが、身をもって経験されている方達の言葉はとても重く、説得力がありました。

歩ける子どもだったとしても。抱っこやおんぶをすると、気持ちが落ち着きます。また、安全が確保出来ない場所を歩かなければならない時にも抱っこやおんぶは安心です。

長い布一枚、紐一本、他にも大人の洋服やアウター。慣れていれば、どれも子どもを簡単に抱っこおんぶする道具として使えます。

そんな物を1つ、防災バッグへ入れておくと便利かもしれません。自分一人でする自信は無くても、避難所では手伝ってもらえる人手がきっとあるはずです。

もちろん練習したり、日頃から出来ていたら1番ですが、そうでなくてもとりあえず「そういう事も出来る」と知っておく、用意しておくだけでも何かの時に役立つかもしれません。

防災の日ではなくても、こんな風にもしもの時をイメージする日がたまにあると良いのでしょうね。

最後になりましたが、今年の豪雨災害を始め、災害に見舞われ被災された皆様にお見舞いを申し上げます。一日も早くご復興されます事を心よりお祈り申し上げます。

また、旭川のわらべうたサークルにぎにぎでは、先日もしもの時のためのおんぶ(布や紐を使ったおんぶ)を練習したそうです。こんな風に、日頃の集まりで皆んなで練習できるのは良いですね。気になった方はにぎにぎのFacebookページを覗いてみてください。もちろん、相談室でもおんぶ練習のお手伝いもいたしますのでいつでもお声かけ下さい。

旭川市子育て支援センターいずみさんへ出張!

8/30(木)は旭川市子育て支援センター「いずみ」の”ぴよぴよタイム”で抱っこ紐のお話&抱っこ紐の使い方相談会をさせていただきました。

抱っこ紐に悩めるママさん達、総勢20組が集まり大盛況の90分でした!!

とあるママさんが、以前から使っていた抱っこ紐が別の物の様にとってもラクになったからぜひ皆んなにも知って欲しい!!と、支援センターの先生に熱意を伝え繋いでくれた事から実現したこの日の相談会。素敵な機会をプレゼントしてくれたママさん&沢山のママへ声をかけてくださった支援センターの先生たちに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです!!そして雨の中にも関わらずご参加してくださった皆様も、本当にありがとうございました。

これを機会に、日常の抱っこやおんぶがこれまで以上に安心で楽しいものになったり、抱っこ紐のお出かけをより快適にしていただけたなら、嬉しいです。

良く見かけるベルト式タイプの装着やおんぶ紐の使い方実演では、保育園の先生たちもフムフム…と関心を持って下さったり、先日のだっことおんぶの大勉強会 2017上映会に参加してくれたママさんが率先してお手伝いもしてくださいました・・・そんな様子から今後、抱っこやおんぶ(ベビーウェアリング)を学び伝える人達が、もっともっと地域に広がっていく事も密かに願いつつ、家路に着きました!

今回は支援センターでしたが、ご要望があればママ達の集まる場所どこへでも駆けつけます♪

少人数から大人数まで、内容もご要望に応じますので、出張のご依頼はお気軽にお問合せください。

昨日、同行した三男。「おんぶしているの、ずっとお人形かと思ってました!!」とびっくりされた方、驚かせてごめんなさい。笑 モデルとしても活躍の息子くん、おつかれさまでした♪

 

 

子育て支援センターいずみってこんなところでした

園庭に木を残した(市内でも珍しいそうです!)緑の豊かな保育園。
室内遊具のほかに、園庭の砂場や地下水(子どもが手で汲み上げることができます)、三輪車やストライダー、お花や木の実等、自然豊かな園庭で遊ぶことも出来ます。
作業療法士さんと連携し、子どもの発達、心や身体を育てる環境づくりに力を入れているそうで、設置している遊具や環境の一つ一つにこだわりを感じました。
月~土まで子育てサロン・子育て相談・サークル支援等をしています。(曜日によって内容や時間が異なりますのでお問合せの上)ぜひ、遊びに訪れてみてください!
明るく優しい先生達が、出迎えてくれますよ~♪

子育て支援センター「いずみ」旭川市神居9条4丁目 0166-62-8986

抱っこ紐に関するお知らせ〜ジュポルトモンべべフィジオキャリア/2018.8

ジュポルトモンべべフィジオキャリアの使用について、日本正規総代理店がお知らせを発行しています。

背中部分で水平に留めるベルト「サスペンダー水平ストラップ」部分に安全装置が付属されることになったそうです。

尚、以前ご購入されている方へも無料で配布しているそうですので、お使いの方は下記へご連絡くださいとの事でした。お使いの方がいらっしゃいましたら、お早めにどうぞ!

お問合せ/ 株式会社サム・ライズ
info@samrise.com

9/24 イベント出展のお知らせ&ご予約スタート♪

道北フェスタinぴっぶ 内 キッズベビーフェスタにて開催♪

『ママとパパのためのベビーウェアリング-抱っこ紐の使い方&ご試着ブース-』

日時:9月24日 (月・祝)  11:30〜12:30

場所:比布町体育館・農村環境改善センター

参加費:1.000円

対象:ベビーウェアリングに興味のある方(パパ・ママ、妊婦さんを対象とした内容ですが、その他の方もご参加いただけます)

持ち物:お使いの抱っこ紐(使用されている方)、お子さんとのお出かけグッズ(お子さんと一緒に参加される方)

ご予約:先着8名様‼︎

クービック予約システムから予約する

*抱っこにはどんな意味があるの?

*赤ちゃんにとって、心地よい抱き方とは?

*抱っこ紐の安全な使い方

*抱っこ紐調整&試着(試着用のお人形をご用意いたします)

試着用抱っこ紐/メーカー 
エルゴベビーキャリア/エルゴベビー
マンジュカキャリア/マンジュカ
ジュポルトモンべべフィジオキャリア/JPMBB
ミニモンキースリングメッシュ/ミニモンキー
ボバラップ/ボバ
ベビーラップ/ディディモス
リングスリング/ディディモス
メイタイ/ディディモス

8/16 「だっことおんぶの大勉強会2017」上映会が近づいてきました!

旭川初上映「だっことおんぶの大勉強会2017」

テーマ:母の身体を楽にして、子どもの発達を促すだっことおんぶ

身近で当たり前に「ある」だっこやおんぶ。 を各分野の専門家達がひもときます。知っているようで知らなかった抱っこやおんぶに迫る90分。 子育て支援者も、育児中の方もぜひご鑑賞下さい。(赤ちゃんの同席可)

詳細・お申込みのご案内 → /  だっことおんぶの大勉強会 2017上映会

 

昨年東京の勉強会に出席され、8/16の上映会後 抱っこ紐体験で講師を務めていただく平尾さんより、見所をお伺いしました!
身近で当たり前に「ある」だっこやおんぶ。 近年、抱っこが辛い母達、だっこ紐からの落下事故など、 身近だからこそ支援が必要な場面が増えているようです。 そんな「だっこやおんぶ」を身体面にフォーカスし、各分野の専門家達がひもときます。 ハウツー以前に大切な「だっこやおんぶ」とは? 講師は産婦人科医・村上麻里氏、理学療法士・谷口美土里氏、そしてだっことおんぶの研究所理事長・園田正世氏。 母子関係の構築、姿勢と発達、文化と歴史‥ 目からウロコが落ちるような、新しい見方があるかもしれません。 今、私に、そしてあなたに、であう親子に‥必要な支援を考える機会になれば嬉しいです。 
ベビーウェアリングコンシェルジュ・助産師/平尾 時栄 氏
皆様のご来場を、心よりお待ちしています。

「赤ちゃんの発達と抱っこ」失敗しない、抱っこ紐の選び方

先日執筆した『mamanoko』でご紹介させていただいた抱っこ紐。

 

コメントさせていただいた基準は「赤ちゃんの発達・快適さ・安全」に関わる3つのポイントでした。今日はそのポイントについて詳しくご紹介します。

 

①『高めの位置で密着して抱っこができる』

img_4769

赤ちゃんのおでこにキスができる高い位置で抱っこします。大人の重心が低くならず、負担を軽減でき、赤ちゃんとアイコンタクトによるコミュニケーションがとりやすくなります。また密着した抱っこは落下のリスクを軽減します。

②『脚のM字ポジション』

身体に膝を引きつけるようにした、M字の開脚姿勢は、赤ちゃんの股関節の健全な発達を促します。生後間も無い赤ちゃんの股関節はまだ柔らかく、4~6ヶ月の間に骨化が進みます。この時期に理想的な角度の開脚姿勢を促すことで股関節内の圧力が均等にかかり、不全な形成が起きにくくなります。抱っこ紐ではお尻から膝にかけてのサポートが重要で、膝の位置がお尻よりも高く保てるものがベストです。

 

 

③『背中の自然なカーブ』

img_4765

赤ちゃんの筋力は生後発達を続けます。それと共に背骨の形も赤ちゃん特有のC字から大人のS字へと成長します。抱っこ紐は、背中の自然な丸みをサポートする物が理想的です。直線すぎる姿勢や反り返った姿勢は背骨や骨盤に負担がかかりますし、反対に背中を丸め過ぎて顎を引きすぎた姿勢は、呼吸を妨げるため注意が必要です。

 

 

 

 

人間の赤ちゃんは生まれながらに「抱かれる《受け身》」だけでなく「抱きつく《能動的》」ための反射・能力をもって産まれます。旭川抱っことおんぶの相談室は、赤ちゃんの力を育む「ベビーウェアリング」と呼ばれる快適で質の良い抱っこをご提案しています。

お気軽に、ご質問・ご相談下さい。

 

「mamanoko 」で抱っこ紐のご紹介をさせていただきました

 

ママ向け情報サイト「mamanoko]様より、商品アドバイザーとして執筆のご依頼をいただきました。

 

ベビーラップアドバイザー、保育士として「専門家の見地からお勧めの商品を解説していただきたい」というご依頼に、赤ちゃんの発達に良いと言われる理想的な姿勢で抱っこが出来、大人の身体への負担も軽減してくれる抱っこ紐を8つ、ご紹介させていただきました。

 

「mamanoko」の記事はこちらから♪どうぞご覧下さい

 

抱っこ紐をお探しの方の、お力になれましたら幸いです。

どうぞ皆様、ご自分と赤ちゃんにぴったり合う抱っこ紐で快適なベビーウェアリングを♪

子育て支援に向けたベビーウェアリング研修会

旭川で初開催となります、本格的な子育て支援者向けのベビーウェアリング研修会。いよいよ募集スタートです!!

欧米では母乳育児等と同様、医療や育児支援の現場で母親・父親へ伝えられている「ベビーウェアリング」。また、ベビーウェアリングの国際資格への動向は近年世界中で注目されています。日本でも関東・関西で開催される本講座はお申込みが殺到し、今後さらに広まることは間違いないと思われます。

日本の最前線で活躍している講師をお招きしての、本研修会。既に各地での開催が決まっている人気研修のため、旭川で受講出来るのは最初で最後かもしれません。この機会を逃す事なく、ぜひご参加下さい!

 

子育て支援に向けたベビーウェアリング研修会

◆日程    2018年8月27日(月) 9:40~15:40、28日(火) 9:40~16:00

◆対象    周産期又は乳幼児期の親子に関わる方

◆定員    12名

◆費用    18,500円/1人・2日間

◆会場 旭川勤労者福祉会館(1日目)旭川市市民活動交流センターCOCODE(2日目)※ママ向けイベント内研修

 

 

対象者

助産師、看護師、保健師、理学療法士、保育士、ドゥーラ、整体師、ベビーヨガ、ベビーマッサージインストラクター等  周産期又は乳幼児期の親子に関わる方

 

研修内容

1日目/基礎研修

  • ベビーウェアリング理論
    ・赤ちゃんの骨格、姿勢と抱っこ
    ・発達段階に合わせた抱っこ
    ・大人の身体負担の原因と解消方法
  • ベビーウェアリング実技
    ・抱っこ紐の種類と特徴
    ・試着、調整方法
  • コンサルティングとカウンセリング法
    ・指導では無い、支援としての抱っこのコンサルティング
    ・エンパワメントアプローチ
  • 抱っこ紐の現状と相談支援
    ・SG規格の特徴と課題
    ・抱っこ紐メーカー情報と母子に合わせた抱っこ紐の選び方

2日目/実地研修

  • 「抱っこ相談会」での実地研修
    ・親子を招いたコンサルティング
  • 実地研修のフィードバック
    ・午前中に生まれた疑問の解決
    ・相談事例のシェアとディスカッション

  • SSC研究
    ・SSCの構造
    ・日本で多く使われているSSC
    ・欧米と日本の違い   ※SSC=ソフト・ストラクチャー・キャリア、一般的なバックルタイプの成形抱っこ紐の総称。

研修後/ホームワークとネットワーク作り

ホームワークとグループディスカッション(オンライン)にて研修後の理解度をより深め、ネットワーク作りをサポートします。

理解度が基準に達した方へ「研修修了書」を発行いたします。

基準に達しなかった方へも、フォローを行います。

*「研修修了書」について=ホームワークを提出し、8割以上の理解度を達成した方へ日本ベビーウェアリング協会発行の「研修修了証」を発行いたします。希望される方は、当会HPの「研修修了者に相談を受けられるところ」というページへの記載をさせていただきます。(保険要項あり)

 

 

重さだけでなくバランスまでリアルな抱っこ・おんぶ練習専用のお人形を一人一体、その他さまざまな実技のためのツールを個々にご用意して、待ち時間なく練習していただけます。

 

詳細・お申込みはこちら

 

 

日本ベビーウェアリング協会 定期勉強会「ベビーラップの講習における問題と対処を考える」でお話させていただきます

日本ベビーウェアリング協会主催、ベビーラップを題材とした定期勉強会のご依頼をいただきました。

日本全国のベビーラップや子育てに関わる皆様との勉強会が、充実した内容となります様、全力を尽くすべく準備に取り組んでいます!

 

勉強会の詳細は以下の通りです。皆様のご参加をお待ちしています。

ベビーウェアリング協会のブログで勉強会のご案内をさせていただきました。

『ベビーラップ講習の展開における問題と対処を考える』

 

【第3回 定期勉強会】

ベビーラップ講習の展開における問題対処を考える

*日程  平成30年7月14日(土)
9:30〜12:30 オンライン講座
12:30〜13:30 実技講習(東京会場)

*オンラインナビゲーター
松澤 美沙
「抱っことおんぶの相談室」主催。
保育士、ベビーラップ・アドバイザー®︎、Die Trageschule®Master caurse修了。

障がい児保育の経験や自身の子育て経験に基づいた子どもの月齢や状況に応じた幅広く適切なアドバイスはベビーラップ・アドバイザー®随一。丁寧で初心者にもわかりやすい教授法には定評があり、DIDYMOSJapanの公式動画にも採用されているほか、国内外から高い評価を得ている。

だっことおんぶの相談室
https://babywearingasahikawa.com/profile/
こちらのHP内に巻き方のYouTube動画があります。巻き方を丁寧に初心者にわかりやすく伝えることに定評があります。

*目的

ベビーラップを自身の活動に役立てる
ベビーラップの可能性や講習中のリスクを考える

*オンライン内容

<子育て支援の場でのベビーラップ>
・どのような相手やどんな状況にお勧めできるか?
・ベビーラップをお勧めできない場合

<初心者へのベビーラップ教授ポイント
~安全なベビーウェアリングのために~>
・ベビーラップ抱っこ確認ポイント
・ベビーラップ体験・練習時のリスク
・ラップのコンサルの特徴

<ベビーラップ初心者に起こりやすい事例とその対処法>
・きちんと手順を教えたつもりが、、、
伝わらない、出来ない、覚えられない
・教授やアドバイスに有効なツール
・クライアントのタイプを見極める

<参加者からの質問/ディスカッション>
・間違っている部分、心配な部分の伝え方
(相手に自ら気づいてもらうには)
・初心者に伝える時に気をつけている事、有効だったこと
・ラップを教えている最中、もしくは使用中に危険に感じたこと
・学んだことを普段の生活の中でどのように生かすか
・ベビーラップの資格(学校)それぞれの違いについて

*当日東京会場内容
オンライン終了後、東京会場では特色溢れる3人のベビーラップアドバイザー®が皆様とともにディスカッションやロールプレイを行います。

参加ベビーラップアドバイザー
・木村まゆ
DIDYMOS関東エリアマネージャー。対話型心理カウンセラー。
DIDYMOS公式ワークショップを中心に、豊富なベビーラップ教授経験を持ち、養成講座では講師も勤める。
ベビーラップを初心者にお伝えすることの工夫と、心を軽くするコンサルティングを常に学び続けている。

・加藤淳子
ディアべビーウェアリング浦安主催。保育士・子育て支援員。
世界中に流行した「junko’s bunko finish」の発案者。
行政から委託された子育て支援団体に所属し、子育てひろばリーダーとして毎月ひろばを企画。
子育て支援現場での養育者への寄り添いや悩み相談等の経験を豊富に持つ。

・藤田蓉子
HUGiku Kawagoe主催。作業療法士。
世界の多数のベビーラップブランドのモデルを務め、その美しい巻き方と創意工夫がInstagramで話題に。
誰にでもわかるように伝える術に長けている。

ベビーラップをお伝えしていくことに興味がある方やベビーラップをご自身の活動で扱わせている方は、ぜひご参加ください。

*参加費
オンライン参加(3h) 会員2500円 非会員3500円
東京会場参加(4h)  会員3500円 非会員4500円

*当日参加できない方で動画閲覧希望の方(会員限定)
当日都合によりご参加できない方で、ご希望の方には動画配信を行います。オンライン参加費(会員)と同額になりますのでご了承ください。動画配信チケットをご選択ください。
※当日参加会員には復習用として無料で動画を配信いたします。
☆詳細とお申込みはこちら☆
http://bwdacco.com/events/study-vol%EF%BC%93/

<基礎理論講座について>

日本ベビーウェアリング協会では、定期勉強会の理解を深めるために、基礎理論講座を開催いたします。
安全にかつ赤ちゃんにとっても養育者にとっても快適に抱っこ紐を使用するためのコンサルタントをするには、ベビーウェアリングの基礎知識が不可欠だと考えます。
また、当会は抱っこやおんぶについてアドバイスする視点からの学び合いの場ですので、以下の項目についてご存知だという前提で講座が進みます。
そのため、第3回からの定期勉強会にご参加いただくにあたり、以下の内容を学んだことのない方は基礎理論講座をご受講下さい。
もちろん、学んだことがある方が復習のためにご受講いただくこともできます。

【基礎理論講座内容】
・赤ちゃんの発達、発達段階
・股関節と脊柱の発達、姿勢について(緩やかな背中のカーブ、脚のM字ポジション、手の位置、呼吸等含)
・抱っこをする位置や抱っこをする大人の身体
・新生児〜首すわり前の抱き方の注意点
・人間にとっての抱っこの役割
・前向き抱っこ、横抱きのメリット、デメリット
・子どもの発達と安全の概念
・抱っこおんぶについてコンサルタントをする際の安全面等の注意点〜講座練習時の安全、授乳時、自転車、睡眠時等へのコメントの仕方等)

*参加費 (オンライン受講のみ開催いたします)
・会員:1,500円
・非会員:3,500円

※非会員の方は基礎理論講座のみ受講していただくことはできません。勉強会と同時にお申し込み下さい。会員の方は単独受講が可能です。

基礎理論講座の日程は、希望者が集まり次第リクエストに応じて調整して開催いたします。
7月を待たず、ご希望があれば6月中から受講可能ですのでお早目にお申し込みください。

※基礎理論講座の申し込み締め切りは平成30年7月1日 15:00です。

☆詳細・お申し込みはこちら☆
http://bwdacco.com/events/study-vol%EF%BC%93/

だっことおんぶの大勉強会 2017上映会

昨年、東京で開催された「だっことおんぶの大勉強会」を上映いたします。

赤ちゃんやママに関わる支援者の方はもちろん、だっこやおんぶに興味のある方もお気軽にご参加下さい。

 

===日程===

8月16日(木)

旭川福音教会 / 北海道旭川市豊岡12条6丁目6番12号

 

9:30〜開場

9:45〜上映

12:00〜ランチ交流会・SSC体験(講師:助産師、ベビーウェアリングコンシェルジュ 平尾 時栄さん)

===参加費===

2,000円(当日受付にてお支払い下さい)

*上映会、もしくは交流会のみの参加もOKです。通して参加される方は、皆さんで一緒に昼食をいただきましょう。軽食を教会の方がご用意して下さいます。別途200円の昼食代をお願いいたします。

*ご質問等ございましたらお問合せ下さい。

===お申込み===

こちらのお申込みフォームよりお願いいたします

https://docs.google.com/forms/d/1YbRYjlzHfCary4-LCXBRvNCQcmjcRXOCqsf_armbN84/edit

===お知らせ===

午後からのSSC体験(SSCとはバックルの付いたベルト式抱っこ紐の事です)では、子育て支援の現場で出会うことの多い抱っこ紐「エルゴ」と「ベビービョルン」の使い方、親子へのアドバイスの方法 等 を教えていただきます。

講師の平尾 時栄さんは、東京でベビーウェアリングコンシェルジュとして沢山の親子へ子育て支援を続けてきた、旭川出身の助産師さんです。

ママ達が厚い信頼を寄せる平尾さんのお話を、旭川でお聞き出来るのはとても貴重な機会です。

妊婦さん、赤ちゃん等に関わる方や、抱っこおんぶに興味のある方のご参加をお待ちしています。

ぜひご参加下さい。