抱っこ紐の使い方

今お使いの抱っこ紐は快適ですか?

もしも「快適ではない」と感じる場合には、上手に使えていない可能性があります。ベルト等、調節ができる箇所は、必ず赤ちゃんと大人の身体に合わせて使いましょう。

もしかしたら「快適なのかどうかよく分からない」「抱っこ紐ってこんなもの?」と思っている、自分はまぁまぁ満足しているけれど、使い方が本当に合っているかどうかは自信がない。という方もいるのでは?

こんな時は合っていないかも?

以下のような時には、調節が上手くできていない可能性があります。思い当たる場合には、説明書やメーカーが配信している動画等を確認して、もう一度使い方を見直してみましょう。

  • 抱っこ紐を使用すると、肩こり・腰痛が酷くなる
  • 赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる
  • 眠たそうにしているけれど、抱っこ紐ではなかなか寝つかない

なかなか解決しない場合には、抱っことおんぶの相談室へご相談ください。オンライン講習も実施しています。

こんな時は、特に注意が必要!

以下のような場合は、特に注意が必要です。使用月齢や体重は適切か?調節方法は正しいか?すぐに確認をしてください。

  • 首のすわっていない赤ちゃんの抱っこが不安定に感じる
  • 赤ちゃんが抱っこ紐に埋まって、顔が見えない
  • 抱っこ紐の隙間が大きくて赤ちゃんが落ちそう
  • 赤ちゃんの足が垂直に下にぶら下がっている

同じような形状や、同メーカーでも発売時期やタイプにより調節方法が異なる場合もあります。不安に感じる際には、抱っことおんぶの相談室はもちろん、お近くのベビーウェアリングコンサルタントへご相談ください。

日本ベビーウェアリング協会発行リーフレットhttps://bwdacco.com/about-us-2/free-download/

現在講座は休止しています。オンラインの相談、個別相談をお申込みの方はお問合せよりご相談ください。【相談料金 1,000円/30分】