Babywearing Asahikawa

赤ちゃんをぎゅっ!

抱っこ紐の使い方

抱っこ紐を、安全・快適に使えていますか。

もしも「自信がない」「快適ではない」と感じる場合には、上手く使えていない可能性もあります。だっこ紐やおんぶ紐を使用して赤ちゃんをベビーウェアリングする際には、赤ちゃんと大人の身体に合うように調節をする必要があります。

「快適なのかどうか、よく分からない」「肩は凝るけれど、抱っこ紐はこんなもの?」と思っている方も、使い方次第で抱き心地は変わる可能性があります。

以下の、チェックポイントを確認してみましょう。

こんな時は合っていないかも?

こんな時には、調節が上手くできていない可能性があります

  • 抱っこ紐を使用すると、肩こり・腰痛が酷くなる
  • 赤ちゃんがいつも抱っこ紐を嫌がる
  • 眠たそうなのに、抱っこ紐では寝つけない

思い当たる時は、まず説明書やメーカーが配信している動画等を確認し、もう一度使い方を見直してみましょう。

自分で調節してみても上手くいかない時には、抱っことおんぶの相談室へご相談ください。お悩みや困り事などのご相談はもちろん、抱っこやおんぶに関する疑問もお気軽にどうぞ。オンライン講習も実施しています。

こんな時は、特に注意が必要!

以下のような場合は、注意が必要です。抱っこ紐の使用月齢と体重、調節方法の確認をおすすめします。

  • z首のすわっていない赤ちゃんの抱っこで、不安定に感じる時
  • 赤ちゃんが抱っこ紐の中に埋まって、顔が見えない
  • 抱っこ紐の隙間が大きくて赤ちゃんが落ちそう
  • 赤ちゃんの足が垂直にぶら下がっている

自分の抱っこ紐の使い方を確認してみよう!

日本ベビーウェアリング協会発行のリーフレットを使用すると、抱っこ紐の使い方をセルフチェックできます。自分の使い方を確認してみてください!(画像をクリックすると大きく表示します)

日本ベビーウェアリング協会発行リーフレットhttps://bwdacco.com/about-us-2/free-download/

about us

日本ベビーウェアリング協会理事

Die tragesucule AC

保育士

Misa Matsuzawa   松澤 美沙

contact